テレビの受信環境による賃貸物件の人気度は

物件によって無料で見られるチャンネルが違う

賃貸集合住宅では、物件によってテレビの受信環境がかなり異なります。比較的平坦な地域なら、アンテナを立てている物件では、BS無料放送も見られますし、CS放送も無料の日は契約していなくても見られます。中には家主の一括契約によって、集合住宅の全世帯が無料でCS放送見放題というところもあるようです。CS放送を個別に契約して視聴する場合は、毎月そこそこの金額が必要ですから、たいへん魅力的な条件と言えるでしょう。

地形による差も大きい

賃貸物件を探していると、地域全体がアンテナ受信不可で、ケーブルテレビを通じてしかテレビが見られないというケースに出会うことがあります。その地域の賃貸物件に住む世帯はすべて、BS無料放送が見られず、ケーブルテレビ会社に毎月数千円を支払ってBS無料放送を見ているようです。BS無料放送が不可欠という世帯なら、家賃プラス数千円が毎月かかるわけです。高台にある地域にそうしたことがあるようで、地形が影響します。

それでも受信環境は二の次

テレビの受信環境は、住み始めると気になるものですが、賃貸物件探しをしているときは、二の次になりがちです。家賃や立地ばかりに目が行きがちになるものの、無料で見られる地域もあるチャンネルを、毎月数千円かけて見る地域の物件なら、家賃に上乗せして考えてもいいのかもしれません。ケーブルテレビ会社は、地上デジタル無料放送は無料で提供しますが、BS無料放送は、毎月数千円とって提供したりします。借り手がもっと受信環境に注目して物件探しをするようになれば、家主の一括契約も増えるのかもしれません。

札幌の賃貸には家賃の非常に安い物件がありますが、「ガスはプロパン」と書かれており、都市ガスより非常に高いのです。賃貸大家は、安い家賃をガス代で穴埋めするので、物件探しで気をつける必要があります。