賃貸住宅を退去するときのクリーニング費用

原状回復って、家は劣化するものでしょう

賃貸住宅を退去するときには、原状回復費用を請求されることがあります。現状では、請求されます、って言い切ってもいいかもしれないですね。次の入居希望者が内覧して気に入る状態にして返せ、ってスタンスで請求してきますもの。自宅マンションを売るときとは違うでしょう。家主が持ち続けている財産じゃないですか。次の入居者にアピールするための費用まで、前の居住者に払わせようっていうのはどうなんでしょう。例えばクリーニング費用とか。

懸命に掃除しても落ちなかった汚れ

クリーニング費用を請求されないために、日常の清掃どころか大掃除を上回るほど入念に汚れ落としをして、それでも落ちなかった汚れというのがあるわけです。新築で入居したのではないため、入居時からあった汚れです。家主は汚れを落とさないまま貸し出したというのに、そのクリーニング費用を次の入居者に請求するということが結構あります。日常茶飯事です。入居者がつけた汚れじゃなければ、当然ながら、支払うことはありません。

クリーニング費用は家主負担

借り手が日常の清掃をしていたら、次の入居者用にさらに磨きをかけるためのクリーニング費用は家主負担とガイドラインで決まっています。でも、このガイドラインは法律ではないので、請求しても別に問題にはならないし、借り手が了承すれば、そのまま通ります。裁判をしたら、ガイドラインに沿った判決が出るということです。面倒だからまあいいか、と思って支払う借り手は多いでしょう。だったらとりあえず請求してみようってことになるじゃないですか。困ったことです。

帯広の賃貸は、充実した設備の物件が多いだけでなく、周辺環境の利便性も大きな魅力で、暮らしやすさに定評があります。