相続税対策として優秀なこととしては!その方法

贈与することがまずはお勧め

相続税対策というのは、色々とあるのですがまずは贈与をすることがお勧めできます。年間に110万円までは贈与しても非課税、ということになってますから、相続人すべてにやろうとしたほうがよいでしょう。ちなみにキチンと記録しておいたほうがよいです。隠すようなことではありませんし、合法なのですから、いざという時にその情報を使うこともあるでしょうから、記録はするべきでしょう。相続人が多ければそれだけ対策になります。

マンションなどを造ることについて

マンションなどを造る、ということも相続税対策になります。つまりは現金で遺産を遺すのを少しでも減らす、ということです。それだけで十分に対策にできるようになるのです。マンションを建てる、となりますと相当に高額になります。例え一室であっても結構な金額といえるでしょう。ですから、誰にでもできるようなことではないですが、家作として遺すことができるのであれば相続人にとってもとても有難い形であるといえるでしょう。

マンションで遺す理由について

別にマンションでも現金でも遺す金額が同じであれば意味がないのでは、と思うかもしれませんが、そんなことはまったくないのです。具体的にいいますと評価額というのがあるからです。マンションのような建物というのは、はっきりいって価値としてはかなり下がることになります。ですから、現金のように丸々資産額として評価されるわけではないのです。それこそが、相続税対策となることであり、とてもお勧め出来るやり方である点といえます。

相続税対策とは、財産を相続する際にその資産価値に対して納付する相続税の金額を小さくする為の対策。資産を非課税枠のある金融商品に変えたり、相続人に応じて相続する財産を指定したりと様々な方法がある。