管理が大変?マンション経営を楽にする方法

マンション経営で負担になりがちな管理業務

資産活用の方法として賃貸経営が注目されるようになり、マンション経営に乗り出す人も増えてきました。大きな家賃収入を一生得られる方法として注目されているものの、実際に始めてみると苦労をする人もいます。マンション経営をすると負担になりがちなのが管理業務であり、共同利用する部分の清掃などのメンテナンスを行ったり、トラブル対処をしたり、家賃の回収を行ったりするのが意外に大きな労力になってしまうことに始めてから気づくことが多いのです。

管理業務を委託して負担を軽減

マンション経営に必要な管理業務は全て自分だけで行う必要はありません。管理業務が負担に感じたら、それを委託することを考えましょう。不動産会社や管理会社に連絡をして負担に感じている業務を委託してしまうのが簡便な方法です。清掃などの特定の部分だけで良いというのであれば、その専門業者に依頼しても良い方法となります。収入の一部を利用して管理業務を楽にするという視点を持てば、決して損失ではないと考えることができるでしょう。

一括借り上げをしてもらうと負担はほぼなし

管理が本当に大変だと感じるのなら、一括借り上げを利用してみるのも賢明な考え方です。マンションそのものを管理会社に一括して借り上げをしてもらい、その賃料を管理会社から毎月支払ってもらうという仕組みが一括借り上げとなります。家賃収入は管理会社のものとなるのが一般的であり、家賃に比例した金額で賃料が算定される場合もあります。空室対策をする必要すらなくなるため、収入はある程度減ってしまっても安定した金額になりやすく、実質的には管理負担がほぼなくなる方法として有用です。

マンション経営のメリットは、やはり長期的に安定した収入を得られるということが挙げられます。また、不動産は資産として残せることや、生命保険の代わりになることもメリットのひとつです。